話題の絵本「りんごかもしれない」が教室に入りました。

今話題の絵本「りんごかもしれない」が教室に入りました!

りんごかもしれない

数々の賞を受賞し、大人も子供もはまってしまう、「かんがえる」ことを果てしなく楽しめる発想絵本です。

哲学?妄想?発想力?想像力?

「〇〇かもしれない」
見方を変えれば、ひとつのりんごで無限大に創造することが出来ます。
創造することは、「ひらめき」にもつながります。
世の中の便利なものは、「ひらめき」から生み出されてきました。
フリークラスの3歳のK くんは、早速本を開いていました。
小学4年生Nちゃんも「何これ!おもしろい!」とニコニコしながら読んでいました。

さあ、ヨコミネの子供たちはいくつ創造(想像)できるでしょうか?

IMG_6719
「りんごかもしれない」
ヨシタケシンスケ
ブロンズ新社

第6回MOE絵本屋さん大賞 第1位
第4回リブロ絵本大賞 第2位
第2回静岡書店大賞児童書新作部門 第3位
第61回産経児童出版文化賞・美術賞